Tel. +1(858)432-6131

Fax +1(800)547-1293

San Diego Office

3111 Camino Del Rio North,

Suite 400, 

San Diego, CA 92108

Mon~Fri: 9:00am~5:00pm (except national holidays)

Irvine Spectrum Center by appointment only

300 Spectrum Center Drive

Suite 400

Irvine, CA 92618

IEP 見直しサービス・コンサルテーション(1時間毎)

Knowledge is Power! (知識は力だ!)アメリカで障がい児を育てていると、この言葉は本当に身に染みます。

IEPは、英語に問題のないアメリカ生まれアメリカ育ちの親御さんでも、理解するのが難しいのは明らかです。それにもまして、法律上コンプライアンスされているのかどうかを見極めるには連邦障がい児教育条例を理解し、精通している専門家でなければ、とても難しいものです。

 

ただでさえ、障がいをもつ子供の育児はストレスが多いのに(当事務所弁護士も障がい児をもつ親の一人です)、自分の子供が本当に必要なサービスを学校区に提供されているのかどうか、受けていなければ、どうしたらよいのか、見極めていくのは大変なことです。

私にも障がいをもつ子供がいます。IEPがどれだけ大切な書類かは、身をもって知った経験があります。

 

まず、法にコンプライアンスされた、効果的なIEPを作成することが、お子様の特別支援教育の第一歩になります。良く作成されたIEPがなければ、何も始まりません。

しかし、良いIEPが作成できたからと言って、それで全てがうまくいくかと言えば、そうではありません。学校区の予算やポリシーにもよりますので、そのIEPによって定められたサービスが、IEPに記されたように提供されているかどうかを見守ることも大事です。

そして、先生やセラピストとのコミュニケーションが円滑に取れるように工夫することも、とても大切なIEPプロセスです。

当事務所では、お子様のIEP を弁護士が見直し、修正するべき点や改善できる点を書式で提案させていただくサービスを3段階でご提供させていただいております。下記の3タイプのIEP 見直しはお客様に提出いただいた質問表、IEP、また追加の書類をもとに、弁護士が書式にて、お支払い確認後、必要な書類をご提出いただいて営業日7日以内にお返事させていただいております。

学校区とのコミュニケーションを円滑に行うための例文メール集や毎日のコミュニケーションツールも無料でご提供させていただきます。

Special Education Advocateや弁護士を雇うと、高額なリーガル費用がかかるのはご存知でしょうか。1時間あたりの弁護士料とは別に、依頼料だけでも数千ドルかかると言われています。当事務所では、質問が少しあるだけというときや、弁護士に確認したいことが一つだけあるというときに、便利でリーズナブルな1時間毎に料金が発生するお電話でのコンサルテーションをご提供しております。

1時間あたりの弁護士料は250ドルと設定させていただいております。リーガルサービスの継続やRetainer Fee(依頼料)は一切ございません。お申し込み後、48時間以内に当事務所から連絡させていただきます(緊急のコンサルテーションの場合は、その旨をお伝えください。24時間以内にお電話をさせていただきます。別途料金要)。コンサルテーションの日時を決定させていただきますので、その3日前までにお支払いをお済ませください。

尚、IEP見直しサービスをご利用いただいたお客様には、IEP見直しサービス利用から30日以内なら、コンサルテーション1時間当たりを200ドルとさせていただいております。

当事務所弁護士はカリフォルニア州弁護士ですが、IEPは連邦教育条例の基、作成、遂行することが義務づけられておりますので、全米どちらからのお客様にも対応することが可能です。IEP関連のお客様の個人の情報は秘密性はきちんと守られております。

スペシャルニーズトラストについて

 

当事務所では、障がい児をおもちのご家族のためのエステートプランニングをカリフォルニア州にお住まいの方のみに、ご提供しております。

アメリカに永住しようと考えられているご家族は障がいを持つお子様に資産を残しておいてやりたいものですが、残したばかりに、お子様が、政府からの経済的支援を受けられない場合もございます。貴方のご家族にあったエステートプランニングを日本語で丁寧に説明させていただきます。

コンサルテーション 1時間毎300ドル (IEP見直しサービスを同時にご利用いただいた方は1時間毎250ドル)

1時間毎に相談料をお支払いいただく形となっておりますが、秘密性はきちんと守られておりますので、お気軽にご連絡ください。

タイプ1 60分 $300

基本的なIEP見直しとなります。弁護士がクライアント様のIEP のみを見直し、教育法にコンプライアンスしているかどうか、内容は合致しているかどうか、そして、ゴールは法律上、効果的に作成されているかどうかを見直し、分析いたします。

タイプ2 90分 $400

こちらは上記タイプ1に加え、最近の関連評価・診断結果書類とIEPを見直し、評価・診断結果が正確にIEPに反映されているのかどうかを分析いたします。

 

タイプ3 120分 $500

こちらの見直しタイプはIEP, FBA, BIP, そのほか全ての関連評価、診断結果書類を見直します。成績表や生徒の学校教育経験を考慮し、現在有効なIEPを分析いたします。こちらのタイプが一番、リーズナブルでIEPの見直しとしても効果的です。

Please reload

  • Law Office of Mikiko M. Gunn